マビノギハァンタジーライフ

アクセスカウンタ


このブログはマビノギC3以前の記録であり、現在とは異なる部分がございます。
ご了承ください。

zoom RSS BOT・RMT業者の勇み足? それとも「いじめ」か?

<<   作成日時 : 2007/09/26 11:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

BOTが全サーバで急増しているという話を聞く。

はて? そんなに増やして意味があるのだろうか?

たとえば、RMT利用者がBOTのことを理解しているとしたら、
BOTのせいでラグや停止など、ゲームが不安定になっていることにも
気づいているはずじゃないかね。

それとも、RMTにはゲーム以外の目的があるのか…


たとえば。たとえば、だよ。

あるオンラインゲーム会社が、別のオンラインゲームの評判を悪くするために
工作員を雇って、それがBOTを送り込ませているのだとしたら……?

なにしろ世界中のコンピュータとつながっているインターネットだから、
日本では起こりそうにない出来事が、当たり前のように起きている可能性がある。

僕自身が異次元の住人であるため、文化の違いには敏感なのだ。
ある意味Resident Evilといえる。


そういえば最近、「いじめ」の内容もグローバル化(?)してきているような?

「いじめのプロ」というのは、いじめていることを外部に知られないように
巧妙な細工をする。堂々といじめをしているのはアマチュアである。

いじめの標的をできるだけ長く、思う存分いじめるためには
最初から致命傷を負わせるのではなく、徐々に痛めつけるのだ。

金銭を要求する場合でも、いきなり万単位の金額をせびるのではなく、
初めは100円や500円、それから1000円、5000円、10000円…と、
脅しを徐々に強めて吊り上げていくものである。詐欺師の常套手段でもある。


しかし、「いじめられたらもう終わり」ではない。
絶望的な状況のどこかで「救出者」が目を光らせているものだ。

なにより、いじめに遭っている人は、いじめに屈しないという
強い意志を持つことが大切である。しばらくの間は耐えるしかない。

事件や事故の現場で最初にすべきことは、
生存者の捜索である。
もちろん、捜索する人は自分の安全に留意しなければならないが。

僕はミイラ取りがミイラになるのでできない。
検索等でこのページに来られた方へ。→→トップページはこちらです。←←

新しいブログはこちら→→マナビノギ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ショップだってRMTであることに変わりないですね(´・ω・)
新しい地域が追加されましたよ〜〜
INGRAM
2007/09/26 15:29
そ、そうかショップがあったんだ;;
地域が増えたら、それだけBOTを把握するのが困難になる。
aspirin
2007/09/26 16:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
BOT・RMT業者の勇み足? それとも「いじめ」か? マビノギハァンタジーライフ/BIGLOBEウェブリブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
文字サイズ:       閉じる