マビノギハァンタジーライフ

アクセスカウンタ


このブログはマビノギC3以前の記録であり、現在とは異なる部分がございます。
ご了承ください。

zoom RSS レイナルド式ブロードソード強化

<<   作成日時 : 2008/02/19 15:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ドロップ品であれば最大・クリティカル共に高くなりますが、
バランスがものすごく低くなってしまいます。

最大・クリとバランスを比較した場合、鍛治品を使ったほうがよくなります。
初期のバランスが62%なので、ブロードソードのクリティカル特化改造をすると
最終的にバランスは42%にとどまります。2回のネリス式で-10%です。

このブロソを両手に持つと最小攻撃力がとても低くなってしまうので、
もう一方には最小特化のバッソを装備しようかと思います。

鍛治バスタードソードはかなり希少なアイテムです。
鍛治武器の多くがグラディウスのため、流通はあまりよくありません;;


自分が一番よくわかっていなかったので整理してみますが…
鍛治バッソを最小特化改造すると、攻撃力が
57〜46
になるじゃないですか。このまま防御・保護のない敵を攻撃すると
ダメージは46で固定、だと思ってたんですね。

どうすれば46以上になるのか? エンチャントで最大を伸ばせばいいんです。
「トゲ」で最大を10伸ばしたとすると57〜56になるってことですね。
(トゲはStr+10なので実際はもっと上がりますが)


「最小特化」の意味をよく理解できてなったみたいです(´・ω・`)
最小ダメージの極端に高い武器を使う場合は、装備したときのバランスや、
最小攻撃力のエンチャントにとらわれずに最大だけを見ることができる。

武器以外で最大を伸ばせるというのが盲点でした。
武器の攻撃力だけを見てちゃダメです。装備したときどうなるか。

「ウルフハンター」や「トゲ」、ほかの部位では「勝利の」「冷酷な」「金剛石」、
aspirinも使っている「犠牲の」など、最大攻撃力を上げるエンチャントとの
相性がいい、というか、そうしないと最小−最大の差が無意味になっちゃいます。
検索等でこのページに来られた方へ。→→トップページはこちらです。←←

新しいブログはこちら→→マナビノギ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レイナルド式ブロードソード強化 マビノギハァンタジーライフ/BIGLOBEウェブリブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
文字サイズ:       閉じる