マビノギハァンタジーライフ

アクセスカウンタ


このブログはマビノギC3以前の記録であり、現在とは異なる部分がございます。
ご了承ください。

zoom RSS 停電に備える 人はみな暗闇に弱い

<<   作成日時 : 2008/08/29 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゲームとは関係ないのですが、ゲームどころではない非常事態について…。

地下鉄に乗っていて突然、照明が消えたら冷静でいられますか?
安全なはずの自宅にいるときでも、夜に停電が起こると不安に駆られます。

電気が止まればコンセントにつながっているパソコンは使えなくなります。
停電時はマビノギどころではありませんね。

落雷で停電し、大雨で洪水の発生があったら……。
電力の復旧の見通しが立たなかったら……。

暗闇の中では人はまともに行動することができません。
こんなとき一番重要なのは懐中電灯。

明かりが手元にあるというだけでなんと安心するのでしょう!

多少水に濡れても壊れない丈夫なものを選びましょう。
大雨にさらされたり、水没したりしても使うことのできる
防水タイプのものが理想でしょうね。

それを自分の枕元やリビング、玄関などに常備しておくのです。

最近は携帯電話に高輝度LEDがついているものもあります。
液晶画面のバックライトは意外と明るく、暗闇では頼りになる光です。


懐中電灯といえば、一昔前まではハロゲンやクリプトンといった電球でしたが、
最近のものは省電力で超寿命のLEDが主流になりつつありますね。
出始めのLEDライトは高価でしたが、今では数百円で買えるものもあります。

LEDは単体で取り付けられているコンパクトなものもあれば、
10個も20個もついた強力な光を放つものもあります。
性能は予算や好みと相談ということで。

家が冠水した場合を考慮すると、水に浮く樹脂製のものがいいでしょう。
金属製のものは一見すると堅牢に思われがちなのですが、
気温の低い冬に素手で持つと非常に冷たくなってしまいます。
また水に沈んでしまえば探すことが困難です。

実際、昨日の大雨ではわずか十数分の間に川が氾濫し、
家の2階まで浸水するという被害が発生しました。
このような状況では「家」がまさに脅威となるため、
急いで避難することが求められます。


いやねぇ…
いつも被害が出てから対策を取ろうとするのはいかがなものか。
ということを昔から繰り返し繰り返し指摘されているわけですが、
普段から災害に対する備えを怠っていたり、
災害が迫っているのに対応をしなかったりするほうにも
問題があるとしか思えないんですよ……

たとえば雷が近づいていて、少しでも落雷の可能性のあるときは
パソコンの電源を切り、コンセントを抜いたほうがいいですよ…
何時間もかかるわけじゃないから…
雷でパソコンが壊れることのほうが大変。

大雨にしても雷にしても地震にしても、対応策がないわけではありません。
「他人事」だと思っているから、いざ自分が直面したときに混乱するんです。

そしてその対策に費用が出せないと、結果として災害が起こったときに
予算以上の被害額を負うハメになってしまう;;;;

難しいですね。誰が悪いとかではなくて…
検索等でこのページに来られた方へ。→→トップページはこちらです。←←

新しいブログはこちら→→マナビノギ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
停電に備える 人はみな暗闇に弱い マビノギハァンタジーライフ/BIGLOBEウェブリブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
文字サイズ:       閉じる