ヒーリングはIntボーナスを受けない

これが、ヒーリングが冷遇されているといわれるゆえんです。
ヒーリングにはIntボーナスがありません。
スキルのランクで回復量は固定され、あとはワンドで増加するだけなのです。

逆に考えればメリットでもあるわけで、
Intが低い=魔法タイプじゃないキャラクターでも
ヒーラー
を名乗ることができるのです。

マナさえあれば、ヒーリングのランクを上げても問題ありません。
Intが低いからといって回復量がばらつくこともありません。

消費マナに対する回復量は6ランクが最大となりますが、
高ライフ近接プレイヤーやパラディン、ダークナイトを回復するには
マナの効率よりも回復量を重視したほうがよい場合も多く、
4、2、1ランクと上げる価値があるかと思われます。


6と1で消費が2倍違うのに、回復量は2倍に満たないのが遺憾です。
(6で105、1で200……どうして210じゃないのか;;)

ただ、1だとダウンしてもスキルがキャンセルされません。
玉が1つ消えるだけです。これだけがメリットか……?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック