マビノギハァンタジーライフ

アクセスカウンタ


このブログはマビノギC3以前の記録であり、現在とは異なる部分がございます。
ご了承ください。

zoom RSS 近接ミルだけでは詰まるのでマグナムショットを上げよう

<<   作成日時 : 2008/11/01 03:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

マグナムショットだけを考えると人間よりエルフのほうが間違いなく強いのですが、
これを理由に種族を乗り換えると、しばらく近接で苦労することを強いられてしまうので
人間なら人間のままでいたほうが一般的にはいいですね。

ハードモードダンジョン実装により、遅くても「近接のみ」では行き詰まりを見せるようになりました。

近接の華だったウィンドミルのダメージがあまり期待できず、
最近の不具合の影響なのか、パーティーでプレイしているときは特に
敵のタゲがに向いているのか、いつ変わったのかを見極めるのが難しく、
ミルの使用者も安全だったり危険だったりと安定しません。

ミル以外のアドヴァンテージがなければ困難な時期に突入しました。

そこへ低ランクでもサンダーが使用できると、ミルと変わらない範囲で
ミルをはるかに超えるダメージを、安全な距離から放てることに
感動すら覚えるものです。

しかし近接に対するヘビースタンダーや魔法に対するマナリフレクターがあるため、
もう一つ、やっぱり弓のアドヴァンテージもあったほうがいいでしょうね。

レンジやARは実際には「弓で近接攻撃をする」かのように密着して使用します。

この使い方はけっこうリスクが大きいので、まずマグナムでダウンさせる。
ダウン中にもう一発マグナムないしARを合わせれば、それはいかにも
遠距離攻撃をしている気分になり、近接や魔法とは違った味わいがあります。

しかし、ランクが低いと使い物にならないように感じられるのが弓です。

FBCでゴーレムを確実に倒せるようになった人が、いざ弓を扱ってみても、
それでゴーレムを倒すことはほとんど不可能といってもいいくらいです。
「弓だけ」で倒すには相当なスキルのランクとステータスが必要ですからね。
多くの場合、弓を持ってFBCをするだけになってしまうのです。

「魔法だけ」でダンジョンを回り続けることが難しいのと同じです。

一つのスキルに固執しすぎないようにするのが大切ですね。

警戒されているのにFBLをチャージし始めても間に合いませんから。

スキルの使い分け、という課題。


簡単なダンジョンであれば自分の得意なスキルだけでも突破できる。
たとえばアルビやキア初級はアタックだけ。
敵をクリックしているだけでもボスまでは行ける。
ラビはIBCだけで基本は大丈夫。


でも簡単ではないところは、もっと繊細な操作が必要になってきます。

いくらなんでもアタックだけでは上級は進めません。
もちろんミルだけでも行き詰まってしまいます。
検索等でこのページに来られた方へ。→→トップページはこちらです。←←

新しいブログはこちら→→マナビノギ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー サングラス
近接ミルだけでは詰まるのでマグナムショットを上げよう マビノギハァンタジーライフ/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー サングラス
2013/07/05 21:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
近接ミルだけでは詰まるのでマグナムショットを上げよう マビノギハァンタジーライフ/BIGLOBEウェブリブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
文字サイズ:       閉じる