マビノギハァンタジーライフ

アクセスカウンタ


このブログはマビノギC3以前の記録であり、現在とは異なる部分がございます。
ご了承ください。

zoom RSS 「チャポター3」は創作であり、実際のマビノギにはありません。あすさんは架空の人物です。

<<   作成日時 : 2009/02/27 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

チャポター3『Storm』は現実世界でも起こりうる気象災害とその対策を盛り込んだ、
「ほのぼの」や「ファンタジー」から完全に逸脱した大規模な改悪です。

今回のダウンデートの一番の見所は、Stormを特徴づける要素である
  • 大雨

  • 落雷

  • 突風
を異常なまでに再現したところにあります。

これらは低気圧や前線の接近や、局地的に発生する積乱雲によってもたらされ、
しばしば災害を引き起こすことが知られています。

大雨によって河川が氾濫したり、家畜や農地が浸水による被害を受けたりと、
現実世界でもこれまでに記録的な雨量による災害を数多く経験しています。

エリンで大雨が降れば、各地を流れる川は氾濫し、貯水池はあふれ、
湖にはもはや近づけないような状況になります。
沼地や山岳地帯など足場の悪いところでは土砂崩れの危険もあります。

落雷はエリンで起こっても大した被害にはならないかもしれません。
というのも、サンダーというスキルがすでにありますからね。

しかし現実に目を向けた場合、先進国のほとんどすべての地域では
発電所から電力を供給して生活や経済活動が成り立っているため、
落雷によってそれが一時的にでも妨げられるということは少なからず
問題を引き起こすのです。

突風は予測が難しく、思わぬところで思わぬ被害の起こる恐れがあります。
ダウンバーストと呼ばれる突風は離着陸中の飛行機を墜落させたり、
農作物や家屋などをなぎ倒したりすることで知られています。
竜巻による被害は近年、日本国内でも認知が広がってきており、
もっとも被害の多発しているアメリカに比べて観測システムが
充実していないことが問題になってくるかもしれません。


そして、これらの気象災害は今後、増大する可能性があるのです。

よく「地球温暖化」とか「高温化」などという言葉を耳にすると思いますが、
気温が上昇すると空気に含まれる水蒸気の量が増えます。
増加した水蒸気が今まで以上に規模の大きな雨雲を形成するとすれば、
雨量も多くなると考えられるし、積乱雲が発生しやすくなるとすれば、
局地的な豪雨や突風の起こる確率も高くなる可能性があります。

ただ、雲のできるメカニズムさえも完全には解明されていないのが現状です。
同じ気象条件であっても、雲のできるときとできないときがありますから。
気温や湿度、上空の風向きや気圧の変移などを完全に把握することは
不可能ですし、測定機器もまた完璧ではないため、今後も研究が必要なのです。
検索等でこのページに来られた方へ。→→トップページはこちらです。←←

新しいブログはこちら→→マナビノギ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
架空の「チャポター3『Storm』」がマビノギよりリアルで再現されている件
2年近く前のダウンデート「チャポター3『Storm』」というのがあって、 全部インチキだったのですが、リアルではシャレにならないくらいの 異常気象に見舞われているため、ちょっと恐ろしいですね。   ある地域では海水温が上昇して大量の水蒸気が発生し、 豪雨や突風、異常な暑さ、水不足などを引き起こしています。   異常気象の原因を解明しようと日々、研究が行われているのですが、 その間に、メキシコ湾沖の原油流出事故による広範囲の汚染や、 急速な工業化の進む中国から発生する排煙や... ...続きを見る
マビノギハァンタジーライフ
2010/07/08 13:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「チャポター3」は創作であり、実際のマビノギにはありません。あすさんは架空の人物です。 マビノギハァンタジーライフ/BIGLOBEウェブリブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
文字サイズ:       閉じる