マビノギハァンタジーライフ

アクセスカウンタ


このブログはマビノギC3以前の記録であり、現在とは異なる部分がございます。
ご了承ください。

zoom RSS もし魔法使いを目指すなら…

<<   作成日時 : 2009/03/07 01:25   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

魔法使いにとって重要なステータスは「マナ」と「Int」です。
マナは魔法スキルを使用するために必要不可欠な数値で、
Intは魔法攻撃のダメージとバランスにかかわっています。

ここでまず自分のキャラクターの情報ウィンドウを開き、
Intの数値がどのくらいあるか見てみましょう。

よほど高年齢か、意識して上げようとしたのでない限り
Intはそれほど高くはなっていないと思います。

しかし魔法を積極的に使用するのであれば、Intは最優先に上げるべきなのです。

というのもIntが低いうち(0〜100あたり)は、少しの上昇が
魔法のダメージバランスに大きな影響を与えるからです。

Intを上昇させるスキルはアイスボルトなどのいわゆる
「初級魔法」「ボルト魔法」と呼ばれるもの。それにヒーリング。
音楽知識、作曲。
ポーション調合。

本格的にIntを上昇させようとすると、かなり膨大なAPが必要になってしまいますが、
Dexをおもに上昇させる「生産」系のスキルに比べれば
「時間的・内容的なトレーニングはそんなに難しくない」です。
スキルランクに応じた強さのモンスターをひたすら攻撃していくだけだからです。

とにかくAPの消費が多いため転生が必須になってしまいます。

これは個人的な経験からいえる話なのですが、近接および弓のバランス、
そして弓のダメージにかかわるDexを上げるためのスキルよりも、
APこそかさむものの魔法関係スキルのほうが明らかに気楽です。

多少、偏見や主観が入ってしまいますが、魔法のほうが弓より簡単です。

なにしろ、ボルト魔法はそれ自体が「攻撃のためのスキル」であり、
ランクを上げれば威力も上がるし、Intも上がるわけですから、
3つを最高ランクにするだけでも十分な強さであると思われます。


Intが魔法使いにとって重要であり、上げる方法もわかりました。

でも問題はマナなのです。

マナの最大値を増やすスキルはマジックマスタリ、サンダー、メディテーション、
それにマナフォーミングといった、やはり「魔法」に関連するものがあります。

これらのスキルもAPの消費は相変わらず多いですが、
マナフォーミング以外はそんなに過酷なトレーニングではないかと思われます。

マナを増やすこと自体は難しくありません。

しかし魔法を使えばマナは消費されていきます。
マナを回復する手段が限られていることが最大の問題なのです。

現実問題として、ボルト魔法を連発するタイプの魔法使いにとって
「自然回復」はまったく追いつかず、メディテーションを使用していても
焼け石に水で、ぜんぜんマナが足りないということがよくあります。


マナポーションはヒーラーの家で買うことができないアイテムなので、
モンスターが落とすものを拾ったり、アルバイトやダンジョンの報酬で手に入れたり、
調合スキルを使って作ったりする必要があります。
もちろん個人商店から購入することもできますが、価格は常に変動しているので
安いか高いかはわかりません。

イリア大陸にあるマナトンネルの周辺は、昼の間は高速でマナが回復しますが、
少し離れるとまったく効果がないので実戦では使用できません。

楽器演奏スキルのランクがある程度あれば、マナ回復演奏を行うことで
10秒ごとに一定量の回復効果が得られます。
しかし演奏者自身は魔法の使用はもちろん移動することもできないので、
パーティーの誰かに近くで演奏してもらうとよいでしょう。

アドバンスドプレイアイテムであるマナのエリクサーは、5分間
マナの残量をほとんど気にすることなく使用できる効果があります。
どのような使い方をしても、5分間はマナが尽きることがありません。
これも有料サービスを購入するか、個人商店で買うしかないアイテムです。


マナの回復手段が充実しているかどうかで、魔法使いになれるかなれないかが決まる、
といっても過言ではありません。

これらはボルト魔法についての見方であり、いわゆる「中級魔法」では
「ワンド」という武器の装備が必須となるため、まったく違った話になります。

中級魔法はエリクサーがなくては「常用」することは不可能であると思われます。

数十〜数百ものマナをあっという間に消費してしまう中級魔法を
「自然回復」に頼っていては話にならないからです。

ワンドを外したり持ち替えたりすると、基本的にマナが消滅してしまいます。
ワンドを改造したり、あえてマナを減らすエンチャントをワンドに貼っておいたり、
マナ保存石を利用したりすることでマナの消滅を防ぐことはできますが。

また、ワンドの攻撃力は一般的な武器と比べて非常に低いため、
状況によっては持ち替えざるを得ないこともあります。
このときマナが消滅していると、とっさにボルト魔法を使いたくても使えない、
といった問題に陥ることもあります。


繰り返しになりますが、マナの回復手段が充実しているかどうかが
とても大切なことなのです。

  • できるだけマナの最大値を増やし、容量を確保しておくこと。

  • 日頃からマナポーションを集めておくこと。

  • ダンジョンでマナハーブを見かけたら採集しておくこと。

  • 楽器演奏のランクを上げ、演奏で回復してみること。

  • 精霊武器の祝福でマナが全回復することがあります。

  • 行動不能になってナオに助けを求めると全回復します。

  • 転職する(!)。魔法使いをあきらめるのも選択の一つです。
検索等でこのページに来られた方へ。→→トップページはこちらです。←←

新しいブログはこちら→→マナビノギ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ トート
もし魔法使いを目指すなら… マビノギハァンタジーライフ/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/09 06:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
マナポーションは市販されていないが、
弓で使う「矢」は武器屋で安価で売っている。

弓のほうが簡単といえるかもしれない……
aspirin
2009/03/07 01:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
もし魔法使いを目指すなら… マビノギハァンタジーライフ/BIGLOBEウェブリブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
文字サイズ:       閉じる