環境設定のアンチエイリアス FSAA は機能していない。異方性フィルタリング16倍

画像
マビノギの環境設定には「アンチエイリアス」という項目がありますが、
まったく操作できないため、機能していないことがわかります。
 
マウスオーバーで出てくる説明を見ればわかるように、
「アンチエイリアス」というのは
「輪郭のギザギザを滑らかに表示する機能」です。
 
マビノギのクライアントでは設定することができない機能ですが、
パソコンに搭載されているグラフィックボードのほうで設定することにより、
アンチエイリアスの適用ができます。
 
実際にアンチエイリアスが表示にどのような違いをもたらすのか、
わかりにくいですが画像を見てください。
 
画像
アンチエイリアスなしで
「アウトラインを描く」にチェックを入れている状態です。
ようするにこれが「ギザギザ」に見えるということです。
 
画像
アンチエイリアスを有効にすると
このように見えるようになります。
アウトラインのギザギザがなくなっているのがわかるでしょうか。
 
画像
アンチエイリアスが有効で、
アウトラインを表示しない設定にすると、こんなふうに見えます。
輪郭がぼやけて、なんだか浮いたような感じもします。
 
実寸の静止画像を見ても違いがわかりにくいので、
2倍に拡大してみます。

 
画像
アンチエイリアスなしで、アウトラインを描いた状態です。
「ギザギザ」になっているのがよくわかるでしょう。
 
画像
アンチエイリアスを有効にし、アウトラインを描いた状態です。
違いがよくわかると思います。
 

アンチエイリアスを有効にすると、表示は滑らかに見えるようになりますが、
その分グラフィックボードにかかる負担が大きくなるため、動作が多少なりとも
重くなる場合があります。

アンチエイリアスのモードには2倍、4倍、8倍、16倍などがあり、
数字が大きくなるほど滑らかに表示されるようになっているので、
パソコンの性能に合わせて倍率を調整することをお勧めします。


実際にはアンチエイリアスにはもっといろいろな設定があるのですが、
簡単にいうとこんなところです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Geforceでマビノギの画面がバグる原因はnvProfileにもありそうだ

    Excerpt: マウスポインタを含めた画面が数秒~十数秒間完全にフリーズし、 その後、マビノギの画面が異様に表示されるこの現象。   これまでにも原因のいくつかを考えて対処してきました。 NVIDIA Sys.. Weblog: マビノギハァンタジーライフ racked: 2010-03-29 12:04
  • VISVIM 通販

    Excerpt: 環境設定のアンチエイリアス FSAA は機能していない。異方性フィルタリング16倍 マビノギハァンタジーライフ/ウェブリブログ Weblog: VISVIM 通販 racked: 2013-07-09 16:06