マビノギハァンタジーライフ

アクセスカウンタ


このブログはマビノギC3以前の記録であり、現在とは異なる部分がございます。
ご了承ください。

zoom RSS あいばとあっそんのマウスが不調うジオ

<<   作成日時 : 2010/06/16 15:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

aspirin:ヽ(`Д´)ノウワァァン!!ヽ(`Д´)ノウワァァン!!ヽ(`Д´)ノウワァァン!!
アイバ:ウッ、気でも違ったんですか?
aspirin:マウスの調子が悪くて、まともに操作できない!
アイバ:それは大変だぁ! 大丈夫ですか?
aspirin:マウスの内部を掃除しても改善されない…
アイバ:故障してしまったんでしょうか…
aspirin:左クリックを感知する部分の接触不良かと思われる…
アイバ:どうすればいいんでしょうか?
aspirin:いつもより強くクリックしなければ反応しなくなってしまって、人差し指に負担がかかるし、余分な力を加える分、クリックボタンを押したことと離したことの区別がつきにくくなり、ドラッグ操作に失敗するわ、そのつもりがないのにダブルクリックしたことになるわで…
アイバ:うわぁ……最悪じゃないですか……
aspirin:最悪だ。人差し指を骨折したかもしれない。
アイバ:えええええええええええええええええええええええええええ
aspirin:というのは冗談だが、大きな力を加えるせいで手が疲れるし、マビノギでまともに操作ができないのは致命的だ。マウスのボタン一つの調子が悪くなるだけで、異常なほどストレスがたまるのだよ…。実際にやってみればわかると思うが。
アイバ:僕はずっとかまどの横に立ったままで動きませんし、プレイヤーの皆さんとの会話も一方的に展開されるので、マウスを操作する機会というのがないんです〜。
aspirin:なるほど。
 
アイバ:マウスをクリックするのに、そんなに強く押してやる必要があるんですか?
aspirin:指先がしびれるくらいの力が必要だ。
アイバ:疲れそうですね……
aspirin:力を表すには「N」という単位を使う。
アイバ:にゅうとん?
aspirin:質量1kgの物体に、1m/s^2の加速度を生じる力が1Nだ。
アイバ:え??また加速度というのが出てきましたね…。
aspirin:加速度の理解が難しいから、それから求められるNはもっと難しい。
アイバ:はい…1Nがどのくらいの力なのか、さっぱりわかりません…。
aspirin:わかりやすく説明するか。ニュートンが誰なのか知っているか?
アイバ:たしか……地球がリンゴを引っ張っているとかで、万有引力を発見した……
aspirin:そのとおり。実はそれがだいたい1Nの力なのだ。
アイバ:えっ?
aspirin:リンゴが地球に引っ張られる力を1Nと考えればいい。
アイバ:リンゴ……
aspirin:実際に数字で考えてみよう。リンゴの質量を102gとする。0.102kgということだ。このリンゴに加速度をかける。
アイバ:はて……どこから加速度というものが出てくるんですか?
aspirin:地球がリンゴを引っ張る力。重力。重力はリンゴに加速度を生じさせる。
アイバ:ふむふむ。
aspirin:重力による加速度は、物体の質量によらず9.8m/s^2と決まっている。厳密には、緯度によってわずかに変化する。赤道に近いほど小さくなり、極地に近いほど大きくなる。
アイバ:どうしてですか?
aspirin:地球が自転しているため、重力とは別に遠心力という反対向きの力が働いているからだ。南極点では遠心力がなく、赤道ではもっとも大きくなる。でも普通は、重力加速度といえば9.8m/s^2で問題はない。
アイバ:102 * 9.8 = 999.6 ということでしょうか。
aspirin:おっと。それは間違い。質量をg(グラム)ではなく、kg(キログラム)で考えるのがルールなのだ。「単位」はグラムじゃないの? と思うかもしれないが、国際的な決まりではキログラムを質量の単位とする。
アイバ:そうなんですか。加速度のほうにm/s^2(メートル毎秒毎秒)が使われているから、質量もk(キロ)ではなくグラムで計算するのだと思っていました。もし加速度がkm/s^2(キロメートル毎秒毎秒)のときには、質量もキログラムでいいのかと…。
aspirin:その発想はまったく正しい。たとえば長方形の面積を求めるとき、「縦2m、横50cm」を、2 * 50 = 100 と計算してはいけない。メートルなのかセンチメートルなのか、はっきりさせる必要がある。200cm * 50cm = 1000cm^2 か、2m * 0.5m = 1m^2 と計算しなければならないのは事実だ。だが、アイバ、いや、エリンで学校に通っているNPCはほとんどいないはずなのに、どうしてそんなことを知っている?
アイバ:はははっ。それを言うなら、僕がニュートンを知っている時点でおかしいですよ。えっと、改めて計算すると、0.102 * 9.8 = 0.9996 で、これがほぼ1Nということですね。
aspirin:そのとおり。
 
 
アイバ:1Nがどのくらいの力なのかはわかりましたが、クリックする力を考えるには、どうすればいいんですか?
aspirin:それが、簡単には計算できないのだよ。
アイバ:もっと難しい計算が必要なのですか?
aspirin:いやいや。計算ではなく、指先の質量と加速度を考えることが難しいのだ。
アイバ:たしかに…指先の質量って…
aspirin:人差し指を切断してマウスに置いただけでは、単に人差し指の質量に重力加速度をかけた力しか生じない。
アイバ:そうですよね。でも実際には、指の筋肉の力でクリックするのですよね。
aspirin:マウスのクリックボタンがどんな仕組みになっているのか考えてみよう。
アイバ:ボタンを押すとカチカチ音が鳴る……
aspirin:指先で押すとわずかにボタンが下がり、離すと元に戻る。ここにリンゴを静かに乗せてカチッと動いたとすると、1Nの力が必要だということになる。
アイバ:リンゴより軽いものを乗せてもクリックできそうですよね。
aspirin:そう。クリックボタンをカチッとできる最小の力が、普段クリックしている指先に働いている力と考えていいわけだ。
アイバ:それなら、乗せるものを少しずつ軽くしていき、クリックできなくなる重さになるまで続ければいいんですね!
aspirin:そうだ。それで力が求められる。指先の力では個人差があるので難しいが、加速度の等しい重力を利用すれば簡単だ。クリックされない質量の物体を乗せている間は、ボタンがそれを押し返しているということになる。

 
アイバ:aspirinさん、どうですか〜?
aspirin:簡単に計測する方法がある。
アイバ:それ、何だろう?僕も知りたいです!
aspirin:マウスをはかりの上に乗せて、クリックボタンにだけ指先で力を加えてやればいい。
アイバ:aspirinさん、すごいです!最高です!
aspirin:だいたい60gで、0.588Nということになった。
アイバ:それが本来の力ですか?
aspirin:そうだ。でも今、このマウスをクリックさせるのに必要な力は……!
アイバ:!!!!!!!
aspirin:1250gを示した。12.25Nだ。20倍以上も力を入れる必要があるわけだ。
アイバ:そ、それは大変ですね! 疲れるというのも納得です!
aspirin:この力を指先の面積で割ったものが圧力だ。
アイバ:指先の面積ですか。
aspirin:縦が2.0cm、横が1.2cmほど。2.4cm^2だな。
アイバ:12.25 / 2.4 ですか?
aspirin:おっと。面積をm^2に直して計算する必要がある。
アイバ:ということは… 12.25 / 0.00024 = 51041.66666...
aspirin:圧力の単位はPa(パスカル)。1気圧(atm)は約10万Paとなっている。
アイバ:約0.5気圧ということですか。
aspirin:水に5mもぐったのと同じくらいの圧力だ。
アイバ:それがクリックするたびに指先に生じている、ということですね…。
aspirin:仮に面積がもっと小さく、針の先のようなものになったら、圧力はとてつもない数値になって、マウスをクリックするどころか穴を開けてしまうだろう。
アイバ:なるほどなるほど。
aspirin:クリックが反応しないので、ついイライラして指先を立てて強引に押そうとするときも、指の腹が指の先になることで面積が小さくなるため、圧力が大きくなるわけだ。
アイバ:マウスが壊れてしまいますね…。
aspirin:このマウスではまともに操作できない。戦闘しようとすれば、自分が敵に壊されてしまう。
検索等でこのページに来られた方へ。→→トップページはこちらです。←←

新しいブログはこちら→→マナビノギ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あいばとあっそんのマウスが不調うジオ マビノギハァンタジーライフ/BIGLOBEウェブリブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
文字サイズ:       閉じる