「君は川柳を汲め、我は薪を拾わん」中級影差す都市


君はアイテムを拾え、我は敵を倒さん。
 
上級者のレベル上げの効率ばかりが取りざたされて困るのは、
累積100~300レベルの中級者たちです。
 
「自分の累積では、影ミッションの高級やハードには加わることができないし、
 ノーマルの少し難しいダンジョンに同行してもほとんど役に立てない。
 『気にしなくていいよ』と言われてもプレッシャーを感じて、会話がしづらくなり、
 いつも肩身の狭い思いをしています」
 
弱い人が、自分より強い人に憧れや依存の念を抱く一方で、
「本当は自分と同じくらいの人がいてほしい」と願っていることはとても多いです。
 
しかし自分と「同等」の相手を見つけることは容易ではありません。
 
初めは同等でも「成長」の度合いに違いがあれば、
時がたつにつれて「差が開く」のを感じるでしょう。
 
たとえ「同期」であっても、それが「親友」となる保証はないのです。
 
 
逆に、初めから強さが極端に違う相手がいて、それが自分に合わせてくれたとしたら、
どうでしょうか?
 
教育や文化、趣味や嗜好の違いを超えて親和するのです。
 
排除は簡単でも、親和はできないということが少なくありません。
自分の都合や利益を第一に考えると、できなくなってしまうのです。
 
 
このように、一般には難しいと考えられていることをどこまで達成できるか、
その過程も結果も充実したものとするためには何をすればよいのか、
単なる「物乞い」や「親切の押し売り」にならないためにはどうすればよいのかを、
机上の理論ではなく、実践を通して考察していくことが狙いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

ライダ
2010年06月03日 10:32
小さなことから(ry
2010年06月03日 10:56
ライダンさん
小さいことから、実践してください。それがYASASHIです。

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: 「君は川柳を汲め、我は薪を拾わん」中級影差す都市 マビノギハァンタジーライフ/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 05:46