マビノギハァンタジーライフ

アクセスカウンタ


このブログはマビノギC3以前の記録であり、現在とは異なる部分がございます。
ご了承ください。

zoom RSS アイバとあっそんのかまどうジオ

<<   作成日時 : 2010/07/27 11:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アイバ:暑いですね! 僕は炎天下に立ちっぱなしなので特に暑いです!
aspirin:そうなのか? エリンには温度という概念すらないと思ったのだが。
アイバ:そんなことないですよ〜! かまどの番をするのって大変なんですよ。
aspirin:かまどの近くにいるとボコボコうるさいのは聞こえるが、熱は感じられないのだが……
アイバ:え〜! いつもaspirinさんにお願いしてるじゃないですか、薪。あれをかまどの燃料にしているんですよ。薪がなかったら、かまどを使うことができません。薪がメラメラ燃えているんですよ〜!
aspirin:いいかげんなことを言うな。薪を集めてくる人がいなくたって動いてるじゃないか。
アイバ:ウッ…そ、それはそうですけど……
aspirin:どうせメンテナンスのときに補充しているのだろう。
アイバ:aspirinさん、すごいです!最高です!
 
aspirin:エリンの世界では、本来なら発生するはずの熱が発生していない。仕事をする過程で熱が出ない。言い換えれば、熱効率が100%かそれ以上だということだ。永久機関も夢ではない。
アイバ:熱効率って何ですか?
aspirin:蒸気機関、ガソリンエンジン、かまど(笑)のような、燃料を燃焼させて得た熱エネルギーを仕事に変換する装置のことを熱機関と呼んでいる。この、熱を仕事に変換する際の効率のことを熱効率という。
アイバ:それが100%というのはどういうことですか?
aspirin:現実の世界では100%というものは実現不可能だ。たとえば自動車を考えてみよう。ガソリンをエンジンの中で燃焼させ、ピストンを動かすことでタイヤに動力を伝え、走るためのエネルギーとなっている。ガソリンの燃焼するエネルギーがすべて仕事に変換されているように思うかもしれないが、実際にはエンジン自体が熱くなり、その熱は仕事をすることなく捨てられている
アイバ:なるほど。仕事に変換できなかったエネルギーのせいでエンジンが熱くなるのですね。
 
aspirin:ところがエリンの世界では、そもそも熱が発生していないとしか思えないのだ。
アイバ:かまどの近くにいても熱くないですものね…。
aspirin:キャンプファイアもそうだ。近くで休憩すると「心と体が温まる…」と文字が表示されるが、実際には熱を感じられないし、熱が発生しているという事実もない。
アイバ:でも、アイテムを放り込むと一瞬で燃えてしまいますよね?
aspirin:大きな謎だ。アイテムの材質に関係なく、一瞬にして燃え尽きる。
アイバ:やはり熱は発生しているということでしょうか?
aspirin:燃焼には必ず熱の出入りを伴うから、そういうことになる。しかし、このときも熱の発生を確認することができない。キャンプファイアの炎に足を突っ込んだり、死んだフリで頭が炎に包まれた状態になったりしても、それが燃えることはないからだ。
アイバ:薪が燃えているように見えるけど、キャンプファイアが消えるまで薪の様子は変化しませんし…。
aspirin:これ以上エリンの世界を考えても無駄だ。余計に暑苦しくなる。やめよう。
検索等でこのページに来られた方へ。→→トップページはこちらです。←←

新しいブログはこちら→→マナビノギ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アイバとあっそんのかまどうジオ マビノギハァンタジーライフ/BIGLOBEウェブリブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
文字サイズ:       閉じる