マビノギハァンタジーライフ

アクセスカウンタ


このブログはマビノギC3以前の記録であり、現在とは異なる部分がございます。
ご了承ください。

zoom RSS 失敗したくないゲーム専用パソコンの選び方w 「価格編」追加

<<   作成日時 : 2010/08/05 01:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

長らく放置していた( ^∀^)<ぬるぽなサイトを更新してみました。
失敗しないゲーム専用パソコンの選び方w 価格編
 
おそらく性能よりも重視することになる、PCの価格についての問題です。
 
3Dゲームを無難に動作させられるパソコンの値段は、
デスクトップでだいたい7万〜12万円程度と考えてください。
値段に幅があるのは、地域やメーカーによってかなりの違いがあるためです。
また、購入時期が1ヶ月も違えば、値段にも相当な差が出てくる可能性もあります。
 
マビノギ内のアイテムと同様、「相場」というものは常に変動しており、
厳密に値段を求めるにはそのつど計算しなければなりませんが、
今のところ5万円のオーダーで考えれば大丈夫だと思います。
 
この値段に、必要であれば液晶ディスプレイ(画面)が加算されます。
ディスプレイというのは、いわゆる「テレビ」とは異なり、パソコンから出る信号のみを
処理して映像化しているため、同じサイズのテレビと比べて安価になっています。
だいたい1万2000〜3万円程度で十分なものが見つかります。
 
そのため10万円未満の予算でゲーム用のパソコンをそろえることも可能です。
 
性能の高いものは「天井知らず」で、いくらでも高額になってしまいますが、
3Dゲームを快適にプレイするという条件がある以上、安さには限度があるので、
(新品であるのに)あまりにも安すぎるものはやめたほうがよいでしょう。
 
もちろん、ネットオークションなどで非常に安く購入することも可能ですが、
パソコンに詳しくない人の場合、そのようなルートではサポートを得にくいことがあるため、
何かあったときに困ってしまう恐れがあります。
 
サポートという、あまり意識されることのないものが値段に含まれていて、
少々高くつくパソコンを買うとしても、決して恥ずかしいことではありません。
 
 
こうして吟味していくと、パソコン本体が9万〜11万、
ディスプレイを含めて11万〜13万くらいになるのが普通です。

 
値段が安いわりにCPUやグラフィックボードの性能が高いな、と思った場合、
あまり目立たない「電源」の仕様に注目してみてください。
そのパソコンが動作するギリギリの容量しかないことがあります。
電源に余裕を持たせないと、高負荷時、システムの不安定さを引き起こす恐れがあり
電源自体にかかる負荷も大きく、寿命を縮めることにもなりかねません。
 
財布にも余裕を持って検討するようにしてください。
検索等でこのページに来られた方へ。→→トップページはこちらです。←←

新しいブログはこちら→→マナビノギ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
生命保険の選び方
URL
2010/08/05 17:12
( ・ ω ・)ノートがデスクトップを超える時代はくるのでしょうか。
INGRAM
URL
2010/08/06 02:51
c
性能で超えることは難しいと思う(´・ ω ・)
省スペース性、省電性、携帯性では優れているけど…
aspirin
2010/08/06 11:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
失敗したくないゲーム専用パソコンの選び方w 「価格編」追加 マビノギハァンタジーライフ/BIGLOBEウェブリブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
文字サイズ:       閉じる