レイナルド式トゥハンドソード強化

画像
もはや両手剣って何のために……という状況ですが、
将来、アップデートで使いやすくなることを夢見て改造してみます。

幼いポイズンゴブリンがドロップした「木の棒」からヒーラーを抽出し、
一発で貼り付けに成功。
ゴールドゴブリンがドロップしたデッドリーを上書きするのにも成功。

これでクリティカルが25%確保できた。

ところで、両手剣の短所って何なんでしょう?
  • 購入費・修理費が非常に高い。

  • 耐久がとりわけ高くもない。

  • インベントリを縦に長く占有する。

  • 作成するには高ランク鍛治が必須。

  • 熟練上げに時間がかかる。


では、長所は何でしょうか?
  • 相手の硬直時間が長い。

  • 最大攻撃力が高い傾向にある。

  • 「両手武器のみ」可能なエンチャントがある。

  • アタックの巻き込み範囲(スプラッシュ)が広い。



レイナルド先生の戦闘指南をよく理解することができる。

高い武器が必ず強いとは限らない!

という、耳の痛くなる叫びである……。


ラビやラビ下級ダンジョンでトゥハンドソードを振り回しても、
ちっとも強さを感じられない。未改造グラディウス二刀流のほうが強い。

クマのような動きの速い敵に対しては、両手剣ならではの長い硬直時間が幸いする。
英字ランクの魔法でも比較的簡単にアタックと組み合わせて戦うことができる。
クマ1匹が相手ならミルを連発するだけで倒すこともできる。

ふむ、つまり、
  • 魔法と交互に使用することで耐久の消耗を抑えられる。

  • ミルを多用し攻撃回数を減らすことによっても耐久の温存につながる。

  • しかし、スキルを用いた攻撃は二刀流のほうが強い。

だから、現状では両手剣を使うメリットがあまりないということに……。

"レイナルド式トゥハンドソード強化" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント