ハード「残された闇」 ファイアボールでシャドウゴースト以外を一発で倒すことができる

画像
この攻略の概要は
ハード「残された闇」のスイッチ 魔方陣のモンスターだけをサンダーで倒して経験値を稼ぐ
を参照してください。
 
条件の違いは、サンダーではなくファイアボールを使用していることと、
モンスターの大部分から「火属性が削除された」ことです。
 
相変わらずシャドウゴーストは、クリティカルでも一発で倒せません。
ほかのモンスターは上の画像のように、クリティカルでなくてもほぼ一発です。
 
画像
ランク1ファイアボール・クリティカルヒットで5000少々のダメージ。
生命力6480、防御58、保護39もあるシャドウゴーストを
一発で倒すことはできないので、サンダーの場合と同じく、
追ってこなくなるまで走って逃げなければなり
ません。
 
画像
ほかのモンスターには6000を越えるダメージが出るため、
デッドリを除いて一発で倒すことが可能です。
 
どんなに魔法バランスが高いキャラクターでも、ダメージは一定の割合でぶれるので、
アラト錬金術師ゴールドボーンファイターが生き残ることがあります。
 
複数の敵が生き残ってしまっても、
自信があればファイアボルトを数回チャージして攻撃すれば十分倒せます。
 
心配なら、やはり走って逃げ、追ってこなくなるまで引き離しましょう。
 
2010年5月30日1時20分追記
死んだフリを使える人間かエルフである場合、
生き残った敵から逃げなくても、
ファイアボールの着弾前に死んだフリを使用することで
タゲが来ないようにできます。
 
詳細は
ファイアボール発射→着弾前に「死んだフリ」→ペットに攻撃させる→タゲが来ない→(゚д゚)ウマー

 
画像
シャドウゴーストにも毒はいちおう効きますが……
与えるダメージは常に1なので意味がありません。
 
画像
シャドウゴーストが連続で沸いても大丈夫です。
人間の速さでも十分に逃げ切ることができます。
 
あせって障害物に当たったり、別の敵の集団に突っ込んでいったり、
防護壁を誤って攻撃して追いつかれたりしないように気をつけましょう。
 
画像
このミッションは、とにかくモンスターのドロップが多い!
特にアラト錬金術師の金貨やアイテムがおいしいです。
 
トゥースアンクルシューズ、バスタードソード、グラディウス、最高級革。
Big Lucky Finishで最高額の金貨(21,000G)を落とすシャドウゴースト。
 
生贄の魔方陣が金貨で埋め尽くされることもしばしばあり、
インベントリがすぐにあふれるので、余裕をもたせて臨みましょう。
 
アイテムを拾うのがこれほど楽しいミッションはほかにありません。
 
画像
このミッションはクリアすることを目的としていませんでしたが、
頑張ったらファイアボールだけですべての拠点を陥落できました。
 
ボスのダークコマンダーに対しては、ペットのコブラにひたすらアタックさせて
毒を与えることが有効です。
 
取り巻きのモンスターはファイアボール一発で倒せるため、
ダークコマンダーを瀕死にするまで放置してかまいません。
 
2回、毒のダメージを与え終えたあとファイアボールを撃って倒せなければ、
ファイアボルトを死ぬまで撃ち続けるのがいいでしょう。
 
 
スイッチ拠点以外のモンスターを倒した場合、
どのくらいの経験値が得られるのか計算してみました。
 
防護壁で囲まれているところが5,670です。
 
あらかじめ3匹が沸いているところが4,410~7,140です。
3段沸きなのでこれの3倍。
大ざっぱに平均値を5,775とすると17,325ですか。
 
スイッチ拠点が約45,000~108,000 ?です。
特に経験値の多いアラト錬金術師とシャドウゴーストがスイッチでしか沸かないため、
1箇所の拠点としては大差がつくわけです。
目安としては、ゴーストが1匹沸けば7万前後、
2匹沸けば8万近くに達します。
 
ゴーストの数は経験値の目安にはなりませんでした。
2匹でも6万、4匹沸いても6万強というケースもあったので。

 
意外とモンスターが「生贄」として魔方陣の中に規定数(6匹)入り、
それで拠点が終了してしまうことがあります。
ファイアボールだから場外へ出る、というわけではないようです。
モンスターの沸き方や、シャドウゴーストの出る順番に影響され、
多いときで10万に達することがありました。

 
ファイアボールの消費マナと、それによって得られる経験値を計算し、
1マナあたりの経験値を求めてみると面白いかもしれませんね。
 
 
パーティーで攻略する場合は、また別の機会に紹介します。

"ハード「残された闇」 ファイアボールでシャドウゴースト以外を一発で倒すことができる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント