中級の影ミッションをロックゴーレムで攻略してフォレストゴーレムの結晶を得る

画像
かなり育っている錬金術師(アルケミマスタリ)でないと難しいのですが、
ロックゴーレムが十分に強い場合、中級「スリアブクィリンの岩石」を周回し
フォレストゴーレムの結晶を集めることをお勧めします。
 
ロックより一つ上のフォレストを手に入れたら、それを別のミッションで使うようにすれば、
集める手間に見合った成果が十分に期待できるので、ゴーレムを常用したい人は
普段から回収を怠らないようにしましょう。
 
攻略に必要なロックゴーレムの結晶は1~2個、クリアに5~7分、
その後、赤い岩石をすべて採掘すると11~13分ほどかかります。

 
ゴーレム錬成スキルのみを上げて、アルケミマスタリが低ランクのままだと、
攻撃力が足りずに手こずる可能性が高くなります。
 

中級でロックゴーレムが実用できる影ミッション

  • スリアブクィリンの岩石:5~7分

  • 影差す都市:7~9分

  • 彼らのやり方:4~6分(高級、ハードでは15分)

  • また別の錬金術師たち:30分前後
自分で試した範囲では以上のような結果です。
 

近接に比べてゴーレムは有利? それとも不利?

どんなに極めた近接でもホワイトゴーレムに勝る攻撃力・機動力は決して得られないため、
単純に強さを比較すればゴーレムのほうが有利といえます。
 
その代わり、ホワイトゴーレムの結晶を入手するのに手間がかかります。
集める時間、結晶作成の手間、購入にかかる費用…などを考えると圧倒的に不利です。
 
近接の場合は、自分でスキルを上げた分だけ強くなるし、武器・エンチャントでさらに強化でき、
なによりゴーレムのような「制限時間」が一切なく、自由に行動できるのが有利です。

  
さて、ここからがポイントです。
 
ゴーレムが実質「使い捨て」であり、結晶がなければ何もできないスキルであるのに対して、
近接にも、
装備品の修理費、強力なエンチャントの入手の手間・購入費といった問題があります。
 
「全身『古代の 暗黒』の装備をそろえるのに消費したゴールドやネクソンポイントを考えると、
ホワイトゴーレムの結晶のほうがはるかに安上がりなのではないだろうか」

「『カリバーン』のついた武器は修理費が10倍」
「それでもホワイトゴーレムを超える攻撃力は得られない」
「近接スキルに必要なAPより、ゴーレム錬成のAPのほうがはるかに少ないし、修練も簡単」
「うどんげさんばっかずるい」
 

ゴーレムに対して否定的だったけど……

私も当初はゴーレムに対して否定的な見方をしていました。
しかも実際にトラブルの原因となることが多いので、
パーティーの誰かがゴーレムを召喚するたびに心配していたものです。
 
どうしてゴーレムには悪い評価や意見ばかりが際立っているのか…と、
その真相を確かめるために、自分でゴーレムを使うようにしました。

"中級の影ミッションをロックゴーレムで攻略してフォレストゴーレムの結晶を得る" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント